どうやら「除霊」的な行為もできてしまうという当たる占い師も存在しているようです

水晶玉に手をあてている占い師

夏には全国で「肝試し」を行う人が多くなります。お墓やお寺、廃墟をめぐり、お化けを探して全国行脚という人もいらっしゃることでしょう。

ただ、楽しかった肝試しをした後、体調がすぐれないと悩む方もいらっしゃいます。それは、悪霊につかれた可能性があります。

悪霊にとりつかれた場合、除霊をしなければなりませんが、果たしてそのようなことをどこでやってもらえばよいのでしょうか。

実は、「占い師」でも除霊ができることがあります。なぜならば、「霊視」ができれば除霊も可能だからです。占いと霊世界は、少なからず関係していることがあります。

統計ばかりではなく、神秘的な考えを持って占いをしている占い師の場合は、除霊に関しても勉強を深めていることでしょう。

霊視ができる占い師はどのように探せばよいのでしょう。元々、霊視自体がだれでも出来るものではないため、存在に不安を感じることが多々あります。

そこを解決するのが口コミです。口コミを探すと、体験を受けた方が多く意見を寄せています。また、占い師にやってもらった後、「先祖供養」をする必要もあります。

霊は、亡くなった方がまだこの世に残っているものですから、とりつかれなくなった後はしかるべき所へ帰っていただかなければなりません。

話ができるわけでもありませんし、法的にもどうしようもないため、先祖供養で霊を弔ってあげるのが一番の対処法といえるでしょう。

先祖供養のやり方は宗教によって様々ですし、一概にこれといった方法はありません。最近は、そのようなことを考えたこともないという方も多いでしょうから、詳しいことは占い師に教えてもらいましょう。

正しいやり方で弔ってあげれば、霊も納得して帰ることができることでしょう。